発達障害個別指導サイト

医学博士が運営する発達障害個別指導サイト


発達障害教育・療育(治療教育)   
・学習・進路開拓

特別支援学級には行かない選択:
特定の才能を伸ばすエリート教育という考え方

→ 普通学級への支援、普通学級での支援
→ 公的支援や学校指導に物足りない方々のために

医学部、IT系進路才能開発
シリコンバレーで40%を占める発達障害者たちのモデル
=個人を中心とした個別指導モデル


脳科学+世界最高峰教育法
発達障害には藤井七段やGoogle創業者も受けたモンテッソーリ教育

 

〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階  
    (1階ロビー案内板”EDUCATIONAL MEDICINE参照”)
(株)EDUCATIONAL MEDICINE 

03-6869-2486

営業時間

9:00~18:00(土日祝電話事務休業)

お気軽にお問合せください

発達障害診断の前提

発達診断のフレームワーク

 

●生物学的要因:発達は、子供の生物学的特徴に依存する。

●個別要因:発達は、個人の経験によって作られた特徴に依存する。

●社会環境・文化的要因:発達は、子供の生活する社会環境・文化的要因に依

存する。

 

 

発達診断の前提

 

・原理

法則:子供の発達には、一定の順序がある。

多様性:発達の傾向やスピードは、子供によって異なる。

相互作用:子供の発達には、環境との相互作用がある。

関連性:発達の領域は互いに関係しあう。

 

・過程

連続性:発達は過去に依存し、連続的な関係にある。

段階:変化が次の段階へ進むことを促進する。

潜在性:発達には、潜在している時期と、潜在蓄積されたものが顕在化する時期

とがある。

 

・支援

敏感期:ド・フリースにより生物において発見され、マリア・モンテッソーリに

よりはじめて人間にも適用された概念である。特定の能力が発達し、身

につけていくのに適した時期をさす。

不適応:発達によって、一時的に環境に不適応な状態が生じることをさす。

 

 

 

[参考文献]

Bagnato, S.J. “Authentic assessment for early childhood intervention”, Best practices. Guilford Press.

 

 

 

元の閲覧位置に戻る場合

文中から本ページの場合”×”、左サイドメニューから本ページの場合”←”

 

トップページへ

発達障害療育の語源
発達障害療育の創始者
医学博士 教育者   福祉家
マリア・モンテッソーリ 

医学博士         マリア・モンテッソーリ

 モンテッソーリ教育
 脳科学-保育連携プロジェクト
      松代信人

医学博士(脳科学) 
    学術博士(認知情報科学)
各千葉大学
元千葉大学医学部特別研究員

 モンテッソーリ教育
 脳科学-保育連携プロジェクト
  主席教育員 常木香苗

モンテッソーリ教師
(日本モンテッソーリ教育
総合研究所
0~3歳資格
3~6歳資格)
保育士

  雑誌での対談(才能・メンタルについて)

右(川崎麻世氏)
左(サイト運営者)松代信人

   出版(2017年3月1日発行)

松代信人著  Galaxy Books
(モンテッソーリ教育内容含)

   公的専門機関紙に掲載

自衛隊専門機関紙 おやばと
(2013年11月号)

信頼できる機関として、自衛隊内部機関誌でご家族に紹介

   出版(2018年11月1日発行予定) 

松代信人著
発達が気になる子供を伸ばす
ーストレス最小化原理編ー

   出版(2018年12月1日発行予定) 

松代信人著  しののめ出版
わが子をスマホ依存にしないために

サンシャイン60 概観

◯株式会社 EDUCATIONAL MEDICINE

03-6869-2486

住所

〒170-6045
東京都豊島区東池袋3-1-1
サンシャイン60 45F
(1Fロビーに社名掲示)

お問合せはこちら

電話受付 風景

お問合せはお気軽に

03-6869-2486

お気軽にお問合せ・ご相談ください。