東京:発達障害個別指導サイト

医学博士が運営する東京の発達障害個別指導サイト

医師のご家庭でも好評!!

東京の発達障害教育・療育(治療教育)   
・学習・進路開拓

発達障害やグレーゾーンの子どもを健常児以上に活躍させる

医学部、IT系進路才能開発可
シリコンバレーで40%を占める発達障害者たちのモデル
=個人を中心とした個別指導モデル


脳科学+世界最高峰教育法
発達障害には藤井七段やGoogle創業者も受けたモンテッソーリ教育
 

〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階  
(株)EDUCATIONAL MEDICINE

横浜オフィス   〒230-0851 横浜市中区山元町1-36-5 

03-6869-2486

営業時間

9:00~18:00(土日祝電話事務休業)

お気軽にお問合せください

発達の判断基準

モンテッソーリ教育の出発点である発達について、その判断基準は何に求めるべきなのでしょうか。難しい問題ですが、考え得る基準を以下に示します。

1.平均的基準

平均的基準とは、ある集団の中で、平均近傍の標準的位置づけにあることを正常とする一方で、逆に、平均から離れている度合いが高い状態を以上としてとらえる見方である。この基準は、主観的にならずに客観的であるという利点がある。しかしながら、標準状態から逸脱した行動が全て異常である

と判断される問題点を含んでいる。

2.病理的基準

医学的基準で、正常と判断された場合が正常であり、異常と判断された場合には病理的に問題があるということになる。この基準では、これまで実証的に検証されてきた病因に基づいているという利点がある。ただし、障がいの要因がはっきりしていない場合、判断が困難であるという問題を含んでいる。

3.価値的基準

ある行動が規範として許容される範囲内であれば正常とみなし、その行動が規範から津台している場合、異常とする考え方である。この基準では、社会状況によって規範が異なることに注意する必要がある。例として、ある社会では規範的行動であっても、別の社会では逸脱、すなわち異常と判断されることがあるということである。

4.適応的基準

所属している集団の中で、適応的であれば正常、不適応であれば異常とみなす基準である。この基準の問題点としては、ある人が適応的であるか否かの判断において、判断のための情報源があいまいになりがちであることにある。

 

トップページへ

発達障害療育の語源
発達障害療育の創始者
医学博士 教育者   福祉家
マリア・モンテッソーリ 

医学博士 ノーベル賞(辞退)マリア・モンテッソーリ

 モンテッソーリ教育
 脳科学-保育連携プロジェクト
      松代信人

医学博士(脳科学) 
    学術博士(認知情報科学)
各千葉大学
元千葉大学医学部特別研究員

 モンテッソーリ教育
 脳科学-保育連携プロジェクト
  主席教育員 常木香苗

モンテッソーリ教師
(日本モンテッソーリ教育
総合研究所
0~3歳資格
3~6歳資格)
保育士

  雑誌での対談(才能・メンタルについて)

右(川崎麻世氏)
左(サイト運営者)松代信人

   出版(2017年3月1日発行)

松代信人著  Galaxy Books
 

   公的専門機関紙に掲載

自衛隊専門機関紙 おやばと
(2013年11月号)

信頼できる機関として、自衛隊内部機関誌でご家族に紹介

サンシャイン60 概観

◯株式会社 EDUCATIONAL MEDICINE

03-6869-2486

住所

〒170-6045
東京都豊島区東池袋3-1-1
サンシャイン60 45F
(1Fロビーに社名掲示)

お問合せはこちら

電話受付 風景

お問合せはお気軽に

03-6869-2486

お気軽にお問合せ・ご相談ください。