発達障害個別指導サイト

医学博士が運営する発達障害個別指導サイト


発達障害教育・療育(治療教育)   
・学習・進路開拓

特別支援学級には行かない選択:
特定の才能を伸ばすエリート教育という考え方

→ 普通学級への支援、普通学級での支援
→ 公的支援や学校指導に物足りない方々のために

医学部、IT系進路才能開発
シリコンバレーで40%を占める発達障害者たちのモデル
=個人を中心とした個別指導モデル


脳科学+世界最高峰教育法
発達障害には藤井七段やGoogle創業者も受けたモンテッソーリ教育

 

〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階  
    (1階ロビー案内板”EDUCATIONAL MEDICINE参照”)
(株)EDUCATIONAL MEDICINE 

03-6869-2486

営業時間

9:00~18:00(土日祝電話事務休業)

お気軽にお問合せください

発達障害を引き起こす原因

 

[発達障害を生き起こす原因]

 

序論

通常の発達過程を経ることができにくい子どもは確かに存在しています。こうした子どもたちはなぜそうなのでしょうか。

「アバロンの野生児」は、発達の生物学的基礎に問題がないだけでなく、人間的・文化的環境の中で、人間的・文化的活動を行わなければならないことを教えるものです。遺伝子に組み込まれた成熟プログラムだけでは通常の発達過程は到底不可能なのです。

 

・遺伝子・染色体の異常

障害がいわゆる遺伝によって生じることが少なくないことは否定できません。

遺伝子レベルの障害がなぜ知的障害まで結びつくかについては、十分に明らかにされていません。一般的には、遺伝子レベルでの障害が、生体の生化学的過程に影響し、これが脳・神経系の構造や機能に影響し、その結果として、心理的障害に結びつく、と考えられています。

例として、フェルニールケトン尿症をとりあげます。遺伝子の異常によって、フェニールアラニン水酸化酵素が著しい活性低下をきたし、フェニールアラニンからチロシンができるアミノ酸の正常分解過程が阻止され、フェニールアラニンが細胞内に異常蓄積してしまいます。そしてフェニールアラニンは正規の過程でないルートをとうって、フェニールケトンになり、尿の中に大量放出されます。こうした体内の生化学的反応の異常が神経系のはたらきに重大な影響を及ぼし、放置すれば思い知的障害をもたらしてしまうのです。

 

・妊娠期・周産期・新生児期及び出産後の障害原因

 妊娠期・周産期・新生児期及び出産後の時期において、何らかの「外因の侵襲」があって、それが脳・神経系をはじめとする諸器官の構造と機能の分化・形成に打撃を与え、結果として正常な発育・発達が妨げられることがあります。

こういった時期における外因で、知的障害をきたす可能性があるものを大まかに分類すれば、感染症や炎症、薬物・毒物による中毒、栄養障害や代謝異常、物理的損傷などに分けることができます。

外因の侵襲時期は重要である。一般的に、外因の侵襲時期が早いほど子どもに与える影響は深刻になると言われています。このことは、次期が早いほど、細胞や器官の分化の速度が速いからです。

 

・環境及び個体的活動・経験の要因

生物学的基礎があってはじめて心理が生み出されることは疑いない。しかし、それだからといって、生物学的なものが心理をすべて決定してしまうわけではありません。

これについて最も典型的に説明されているのが言語です。生物学的な言語発達の基盤の上に、それが日本語になるのか、英語になるのか、はたまた他の言語になるのかは、まさに身が置かれた環境に依存するのです。

人間は、環境に対してはたらきかけ、よりよい適応者になれるように活動を続け、その過程で、心身を変化・発達させていくのです。ここで活動とは、単に動くだけの活動ではなく、自己の生存・生活にとって意味のある活動であって、はじめて自分をとりまく環境の中でよりよい適応者として発達していくものと思われます。

環境や活動・経験の要因が重要であると言っても、普通の母親の子育てのまずさ程度では、深刻な障害をきたすとは考えがたいのです。

 

 

 

 

元の閲覧位置に戻る場合

文中から本ページの場合”×”、左サイドメニューから本ページの場合”←”

 

 

トップページへ

発達障害療育の語源
発達障害療育の創始者
医学博士 教育者   福祉家
マリア・モンテッソーリ 

医学博士         マリア・モンテッソーリ

 モンテッソーリ教育
 脳科学-保育連携プロジェクト
      松代信人

医学博士(脳科学) 
    学術博士(認知情報科学)
各千葉大学
元千葉大学医学部特別研究員

 モンテッソーリ教育
 脳科学-保育連携プロジェクト
  主席教育員 常木香苗

モンテッソーリ教師
(日本モンテッソーリ教育
総合研究所
0~3歳資格
3~6歳資格)
保育士

  雑誌での対談(才能・メンタルについて)

右(川崎麻世氏)
左(サイト運営者)松代信人

   出版(2017年3月1日発行)

松代信人著  Galaxy Books
(モンテッソーリ教育内容含)

   公的専門機関紙に掲載

自衛隊専門機関紙 おやばと
(2013年11月号)

信頼できる機関として、自衛隊内部機関誌でご家族に紹介

   出版(2018年11月1日発行予定) 

松代信人著
発達が気になる子供を伸ばす
ーストレス最小化原理編ー

   出版(2018年12月1日発行予定) 

松代信人著  しののめ出版
わが子をスマホ依存にしないために

サンシャイン60 概観

◯株式会社 EDUCATIONAL MEDICINE

03-6869-2486

住所

〒170-6045
東京都豊島区東池袋3-1-1
サンシャイン60 45F
(1Fロビーに社名掲示)

お問合せはこちら

電話受付 風景

お問合せはお気軽に

03-6869-2486

お気軽にお問合せ・ご相談ください。