東京:発達障害個別指導サイト

医学博士が運営する東京の発達障害個別指導サイト



東京の発達障害教育・療育(治療教育)   
・学習・進路開拓

発達障害やグレーゾーンの子どもを健常児以上に活躍させる

医学部、IT系進路才能開発可
シリコンバレーで40%を占める発達障害者たちのモデル
=個人を中心とした個別指導モデル


脳科学+世界最高峰教育法
発達障害には藤井七段やGoogle創業者も受けたモンテッソーリ教育
 

〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階  
(株)EDUCATIONAL MEDICINE

横浜オフィス   〒230-0851 横浜市中区山元町1-36-5 

03-6869-2486

営業時間

9:00~18:00(土日祝電話事務休業)

お気軽にお問合せください

発達教育と視覚

赤ちゃんの視力は出生直後で0.001ぐらいで、母親に抱かれたときに顔がかろうじてわかる程度です。母親の子宮で暮らすには、30cm程度先まで見えるだけでよく、この視力でも生きていくことができるのです。視力が0.1になるのは生後半年後です。

 外界の画像は目の網膜に映るわけですが、網膜に映った画像は一度、色、形、空間、動きに分解され、脳内で再構成されます。4つの要素で人類にとって古いものは動きです。このことは原始的な目を持つ動物(例えばカエル)において、動きしか見えないことから推測されています。すなわち、生まれてまもない赤ちゃんにも動きは見えていると推測されます。このことは、赤ちゃんに近づいてくる物体があるとよける、動いている物体があると追跡する、といったことからも分ります。

 赤ちゃんは、カラーではな黒白で画像を見ています。また、形や奥行きは分りません。

 生後3ヶ月になると、形や空間が見えるようになります。この段階では黒白ではあるもののコントラストは上がります。

 生後4ヶ月になると、色の違いが分るようになります。さらに物体に合わせてピント合わせをするようになります。

 生後3,4ヶ月とは、首がすわる時期です。

 生後7ヶ月になると、奥行きのあるものが分るようになります。このころがハイハイをする時期ですが、ハイハイは奥行きと関係しているのですね。ハイハイとともに脳の神経系が発達していきます。

 発達障害は、基本的には先天性のものですが、この時期の脳の神経系の発達は環境によって変わってきますので、後天的な影響がないわけではありません。発達障害の予防ともいえます。

 

 

トップページへ

発達障害療育の語源
発達障害療育の創始者
医学博士 教育者   福祉家
マリア・モンテッソーリ 

医学博士 ノーベル賞(辞退)マリア・モンテッソーリ

 モンテッソーリ教育
 脳科学-保育連携プロジェクト
      松代信人

医学博士(脳科学) 
    学術博士(認知情報科学)
各千葉大学
元千葉大学医学部特別研究員

 モンテッソーリ教育
 脳科学-保育連携プロジェクト
  主席教育員 常木香苗

モンテッソーリ教師
(日本モンテッソーリ教育
総合研究所
0~3歳資格
3~6歳資格)
保育士

  雑誌での対談(才能・メンタルについて)

右(川崎麻世氏)
左(サイト運営者)松代信人

   出版(2017年3月1日発行)

松代信人著  Galaxy Books
 

   公的専門機関紙に掲載

自衛隊専門機関紙 おやばと
(2013年11月号)

信頼できる機関として、自衛隊内部機関誌でご家族に紹介

サンシャイン60 概観

◯株式会社 EDUCATIONAL MEDICINE

03-6869-2486

住所

〒170-6045
東京都豊島区東池袋3-1-1
サンシャイン60 45F
(1Fロビーに社名掲示)

お問合せはこちら

電話受付 風景

お問合せはお気軽に

03-6869-2486

お気軽にお問合せ・ご相談ください。