発達障害個別指導サイト

医学博士が運営する発達障害個別指導サイト

発達障害教育・療育(治療教育)   
・学習・進路開拓

特別支援学級には行かないという選択
→ 普通学級への支援、普通学級での支援
→ 公的支援や学校指導に物足りない方々のために

医学部、IT系進路才能開発


脳科学+世界最高峰教育法
発達障害には藤井七段やGoogle創業者も受けたモンテッソーリ教育

 

〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階  
    (1階ロビー案内板”EDUCATIONAL MEDICINE参照”)
(株)EDUCATIONAL MEDICINE 

03-6869-2486

営業時間

9:00~18:00(土日祝電話事務休業)

お気軽にお問合せください

発達障害と知的障害

[発達障害と知的障害]

 

発達障害は、発達特徴に着目しているが、知的障害は、社会での生活のしづらさに着目しています。それぞれ評価方法が異なります。

 

知的障害

知的障害の呼称をめぐっては、長い変遷を経て今日に至っています。わが国の最初の定義(1953年)では、「種々の原因で精神発育が恒久的に遅滞し、このために知的能力が劣り、社会生活への適応が著しく困難なものをよぶ」とさて、指摘能力の遅れを固定的なものとして、とられていました。1966年には、「脳髄の何らかの障害を受けているため、知能が未発達の状態にとどまり、そのために精神活動が劣弱で、社会生活への適応が著しく困難な状態を示しているものをいう」と定義されました。さらに、1978年には、知的障害の程度が分類され、教育措置との対応が示された。そして、「精神薄弱」という名称は、1998年の法律で、公式に知的障害に改正されることになり、知的障害「精神遅滞」と併記されるようになりました。

世界的には、アメリカ精神遅滞学会(AAMR)の定義が重要です。「精神遅滞とは現在の機能が実質的に制約されていることを言う」とされています。これは、知的機能が有意に平均以下であることを特徴として、同時に、適応スキルの領域で2つ以上、知的機能と関連した制約を持つ。

適応スキルの領域とは、コミュニケーション、身辺自立、家庭生活、社会的スキル、コミュニティ資源の利用、自律性、健康と安全、実用的学業、余暇、労働です。また、精神遅滞は18歳以前に発症するとされています。

 

 

学齢前の知的障害

障害は重いほど、早期に発見されます。知的障害と発達障害は、基準が異なるとはいえ、知的障害のほうが、学習障害やADHD等より早く発見され、早期の支援が重要となります。早期支援の場合には、子どもだけでなく、保護者への支援も重要です。子どもに合わせた支援ができれば、子どもたちの発達の可能性は大きく開けるからです。できないことを見ないで、できることが1つでも増えていくことを喜び合うことが大切です。

 

 

 

 

 

元の閲覧位置に戻る場合

文中から本ページの場合”X”、左サイドメニューから本ページの場合”←”

 

 

 

トップページへ

発達障害療育の語源
発達障害療育の創始者
医学博士 教育者   福祉家
マリア・モンテッソーリ 

医学博士         マリア・モンテッソーリ

 モンテッソーリ教育
 脳科学-保育連携プロジェクト
      松代信人

医学博士(脳科学) 
    学術博士(認知情報科学)
各千葉大学
元千葉大学医学部特別研究員

 モンテッソーリ教育
 脳科学-保育連携プロジェクト
  主席教育員 常木香苗

モンテッソーリ教師
(日本モンテッソーリ教育
総合研究所
0~3歳資格
3~6歳資格)
保育士

  雑誌での対談(才能・メンタルについて)

右(川崎麻世氏)
左(サイト運営者)松代信人

   出版(2017年3月1日発行)

松代信人著  Galaxy Books
(モンテッソーリ教育内容含)

   公的専門機関紙に掲載

自衛隊専門機関紙 おやばと
(2013年11月号)

信頼できる機関として、自衛隊内部機関誌でご家族に紹介

   出版(2018年11月1日発行予定) 

松代信人著
発達が気になる子供を伸ばす
ーストレス最小化原理編ー

   出版(2018年12月1日発行予定) 

松代信人著  しののめ出版
わが子をスマホ依存にしないために

サンシャイン60 概観

◯株式会社 EDUCATIONAL MEDICINE

03-6869-2486

住所

〒170-6045
東京都豊島区東池袋3-1-1
サンシャイン60 45F
(1Fロビーに社名掲示)

お問合せはこちら

電話受付 風景

お問合せはお気軽に

03-6869-2486

お気軽にお問合せ・ご相談ください。