発達障害個別指導サイト

医学博士が運営する発達障害個別指導サイト

発達障害教育・療育(治療教育)   
・学習・進路開拓

脳科学+世界最高峰教育法
発達障害には藤井四段やGoogle創業者も受けたモンテッソーリ教育
 

〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階  
                                                   (1階ロビーに社名掲示)
(株)EDUCATIONAL MEDICINE 

03-6869-2486

営業時間

9:00~18:00(土日祝電話事務休業)

お気軽にお問合せください

大人の発達障害 主な合弁症

「大人の発達障害 主な合弁症]

・うつ病    ・不安障害    ・強迫性障害   ・社交不安障害   ・パニック障害

・心的外傷後ストレス障害   ・不安神経症   ・人格障害        ・行為障害

・睡眠障害  ・チック・トレット障害   ・アルコール依存症   ・買い物依存症

・ギャンブル依存症  ・恋愛依存症   ・仕事依存症   ・薬物依存症  ・ニコチン依存症

 

1.うつ病

大人の発達障害がうつ病を合弁しやすいことは、国内外で報告されています。脳の機能障害、遺伝的な要因もありますが、成功体験が少なくて、自己評価が低いことが大きな原因であると考えられています。

2.不安障害

ADHDの人は、一方的にしゃべったりするために、図太い神経の持ち主と思われがちですが、実際には大変な心配性です。

大人のADHDの人の約半分が不安障害を合弁していたという報告もいくつかなされています。

3.強迫性障害

例えば、何度も手を洗わないといられない、外出時にドアの鍵を何度も確認する、

といった脅迫行動を特徴とする精神疾患です。

4.社交不安障害

対人恐怖症とも呼ばれ、なんでもないことに強い不安や緊張を感じ、心や体に様々な症状がでます。中には、普通の人なら何も感じないようなことでも症状がでる人もいます。高じると、他人との接触を避けるようになり、ひきこもりやニートになってしまうこともあるでしょう。

5.パニック障害

ある日突然、めまい、心筋梗塞、呼吸困難などの発作が起こり、死の不安に襲われます。不安神経症とも呼ばれ、急に発症するのが特徴です。一度発症すると再発への不安を抱き、防衛的になって一人で外出ができなくなったり、乗り物に乗れなくなったりします。こうした症状を「広場恐怖」といい、パニック障害の多くが広場恐怖を併発します。

6.心的外傷後ストレス障害

心に加えられた衝撃的な心的外傷体験(トラウマ)が原因で、さまざまな身体的、精神的なストレス障害を起す精神疾患です。PTSDとも呼ばれています。AHDHの人は、一般の人より、PTSDを抗弁しやすいことが知られています。

7.不安神経症

病気や悩み事がないのに、不安や心配がつきまとい、慢性的に続いて、身体的、精神的な症状があわられる精神疾患です。ADHDと合弁しやすいことが知られています。

8.人格障害(パーソナリティ障害)

一般の人と比べ、著しく偏った考え方や行動パターンのために、生活に支障が出てしまう精神疾患です。境界性パーソナリティ障害、反社会性パーソナリティ障害、自己愛性パーソナリティ障害が密接に関連しています。

9.行為障害

攻撃的な態度、反社会的行動を繰り返すことがあります。自分が理解されない絶望感から非行に走ってしまうこともあります。周囲の支えで心の葛藤を解決し、環境を整えて対応することが必要とされます。ADHDとの関連性が指摘されています。

10.睡眠障害

睡眠覚醒リズムが不規則で乱れやすい障害です。寝つきや寝起きが悪く、睡眠効率も悪いです。寝相が悪く、子どものころから夜驚症や夢中遊行、寝言、歯軋り、夜尿症が多いのも特徴です。心身の健全な発達に必要な成長ホルモンや脳内の重要な物質は夜間の深い眠りの間に分泌されます。脳に機能障害があり睡眠障害が起こると、それらの物質が十分ではなくなるために心と体のバランスが崩れます。うつ病を併発しやすいのはこのためです。

11.チック障害

まばたきが止まらない。音声チック(咳払い、ため息等)。肩をピクット動かす。口を捻じ曲げる、顔をしかめる。チック症はADHDの男性に多いと言われています。重度のチックになると脳波の異常としてもあらわれます。

12.アルコール依存症

物質依存の範疇にあります。中枢刺激作用により集中力や活力を高めることと、不安やイライラを静めるための抗不安作用を求めると考えられます。アルコール依存はうつ病と密接に関係し、アルコールを乱用するとうつ病になりやすく、うつ病になるとアルコールを乱用しやすくなります。

13.買い物依存症

ストレス耐性の低さ、感情の不安定さがからんでいると考えられます。また、脳内のドーパミンの活性が低く、脳内が快楽の欠乏を覚え、嗜癖行動を求めているのではないかと言われています。

14.ギャンブル依存症

日常から逃避でき、高揚感がある依存症です。自分の意思ではなかなかやめられず、金銭感覚も麻痺します。自己破産に至る可能性もあります。

 

 

 

 

元の閲覧位置に戻る場合

文中から本ページの場合”X”,  左サイドメニューから本ページの場合

トップページへ

発達障害療育の語源
発達障害療育の創始者
医学博士 教育者   福祉家
マリア・モンテッソーリ 

 モンテッソーリ教育
 脳科学-保育連携プロジェクト
      松代信人

医学博士(脳科学) 
    学術博士(認知情報科学)
各千葉大学
元千葉大学医学部特別研究員

 モンテッソーリ教育
 脳科学-保育連携プロジェクト
  主席教育員 常木香苗

モンテッソーリ教師
(日本モンテッソーリ教育
総合研究所
0~3歳資格
3~6歳資格)
保育士

  雑誌での対談(才能・メンタルについて)

右(川崎麻世氏)
左(サイト運営者)松代信人

   出版(2017年3月1日発行)

松代信人著  Galaxy Books
(モンテッソーリ教育内容含)

   公的専門機関紙に掲載

自衛隊専門機関紙 おやばと
(2013年11月号)

信頼できる機関として、自衛隊内部機関誌でご家族に紹介

   出版(2018年11月1日発行予定) 

松代信人著
発達が気になる子供を伸ばす
ーストレス最小化原理編ー

   出版(2018年12月1日発行予定) 

松代信人著  しののめ出版
わが子をスマホ依存にしないために

◯株式会社 EDUCATIONAL MEDICINE

03-6869-2486

住所

〒170-6045
東京都豊島区東池袋3-1-1
サンシャイン60 45F
(1Fロビーに社名掲示)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-6869-2486

お気軽にお問合せ・ご相談ください。