東京:発達障害個別指導サイト

医学博士が運営する東京の発達障害個別指導サイト

医師のご家庭でも好評!!

発達が気になる子どもセンター
(発達障害教育・療育(治療教育)   
学習・進路開拓)

発達障害やグレーゾーンの子どもを健常児以上に活躍させる

医学部、IT系進路才能開発

脳科学+世界最高峰教育法
発達障害には藤井七段やGoogle創業者も受けたモンテッソーリ教育
 

〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階
発達が気になる子どもセンター 
(株)EDUCATIONAL MEDICINE

横浜オフィス   〒230-0851 横浜市中区山元町1-36-5 

03-6869-2486

営業時間

9:00~18:00(土日祝電話事務休業)

お気軽にお問合せください

モンテッソーリ教育とシュタイナー教育

モンテッソーリ教育

提唱者が医学者であるため、子供の行動が科学的、生理学的に研究されています。近年の科学の進歩により、その有効性の証明がなされつつあります。特にノーベル賞ミラーニューロンが強力なサポーターとなっています。

モンテッソーリ教育は早期教育ではなく、生命の発達を自然な形で支援する教育です。

子供が何かに集中して活動することが重要とされ、大人は集中を促す教材と環境を整えることが大切としています。

何かに集中するためには手を動かす作業が多くなり、そのためモンテッソーリ教育を採用している幼稚園では、教材は手を使って扱える物が多く用意されているはずです。

 

シュタイナー教育

提唱者が哲学者であるため、その考え方は概念的です。そのため宗教のひとつと捉えられることもあります。

自然と人間のつながりや季節の移り変わりの中に生命を感じることを大切にし、目に見えない子供の「思い」に寄り添うことが大人の役割、と考えられています。

幼い頃から読み書きを教えるなどの早期教育は想像力や感覚を養うことにブレーキをかける、という考えから消極的な立場です。

シュタイナー教育を採用する幼稚園では自然の中で遊ぶこと、季節のお祭りを大切にしているところが多くあるようです。

モンテッソーリ教育では、誰が聞いても妥当性のあること、を重視しています。  一方、シュタイナー教育は哲学をベースとしていますので、ここでは、哲学について考えてみたいと思います。 

 哲学とは、人生・世界、事物の根源のあり方・原理を、理性によって求めようとする学問。また、経験からつくりあげた人生観をさします。哲学とは何か。哲学者によって答えが異なります。哲学では何が大切か、人によって答えが異なります。哲学でなすべきことは何か。これも人によって答えが違います。哲学では、確かに理性を尊重しますので、それ程大きく間違った方向にはいかないでしょう。しかしながら、人によって答えが異なることと、哲学から生物学的なメカニズムは出てこないことが問題なのです。

シュタイナー教育:理性

とすると、

モンテッソーリ教育:生物学 + 理性

なのです。

 

トップページ

発達障害療育の語源
発達障害療育の創始者
医学博士 教育者   福祉家
マリア・モンテッソーリ 

医学博士 ノーベル賞(辞退)マリア・モンテッソーリ

 モンテッソーリ教育
 脳科学-保育連携プロジェクト
      松代信人

医学博士(脳科学) 
    学術博士(認知情報科学)
各千葉大学
元千葉大学医学部特別研究員

 モンテッソーリ教育
 脳科学-保育連携プロジェクト
  主席教育員 常木香苗

モンテッソーリ教師
(日本モンテッソーリ教育
総合研究所
0~3歳資格
3~6歳資格)
保育士

  雑誌での対談(才能・メンタルについて)

右(川崎麻世氏)
左(サイト運営者)松代信人

   出版(2017年3月1日発行)

松代信人著  Galaxy Books
 

   公的専門機関紙に掲載

自衛隊専門機関紙 おやばと
(2013年11月号)

信頼できる機関として、自衛隊内部機関誌でご家族に紹介

サンシャイン60 概観

◯株式会社 EDUCATIONAL MEDICINE

03-6869-2486

住所

〒170-6045
東京都豊島区東池袋3-1-1
サンシャイン60 45F
(1Fロビーに社名掲示)

お問合せはこちら

電話受付 風景

お問合せはお気軽に

03-6869-2486

お気軽にお問合せ・ご相談ください。